パーソナルツール
現在の場所: ホーム プログラム概要 研究領域と達成目標 アンビエントインタフェース領域

アンビエントインタフェース領域

目標

生物の原理に学び、環境と人間がインタラクションし、状況に応じて柔軟に適応可能なアンビエントインタフェースの実現

課題

・ 環境のカメラやセンサ等によるユーザの状況とセンシングと意図抽出・理解
・ 生物に学ぶ新しい方法論に基づくユーザインタフェース構築手法の開発
・ 環境に埋め込まれたインタフェース機器による情報入出力
・ 人間のダイナミクス(言語や行動、振舞い等)と周辺の装置群に埋め込まれたダイナミクスとの相互作用への「アトラクター重畳」の応用


ami.png