パーソナルツール
現在の場所: ホーム 活動状況 創設シンポジウム

概要

文部科学省
グローバルCOEプログラム


アンビエント情報社会基盤創成拠点

-生物に学ぶ情報環境技術の確立-

創設シンポジウム



2008年3月5日(水)13:00-17:00


千里阪急ホテル 仙寿の間
大阪府豊中市新千里東町2-1-D-1号(地下鉄御堂筋線(北大阪急行電鉄)千里中央駅(南改札口)下車すぐ)

 
皆様
拝啓
 寒冷の候、皆さまにおかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
大阪大学では、平成19年度よりグローバルCOEプログラム「アンビエント情報社会基盤創成拠点 -生物に学ぶ情報環境技術の確立-」を推進しています。
「アンビエント情報社会」は、情報技術が生活環境に溶け込んで、環境側から人にアクセスし適切な情報が提供される社会です。本拠点では、「アンビエント情報社会」の創成に向けた情報システムの研究推進と人材育成を目的としています。
 アンビエント情報社会の実現のためには、情報環境の基盤構築が必要となりますが、そのためには大きなブレークスルーが求められます。本拠点では、21世紀COEプログラムにおける「生物に学ぶ情報技術の創出」の成果をさらに発展させ、その実現を目指します。シンポジウムでは、本拠点の研究推進および人材育成における取り組みについて発表させていただくとともに、本テーマに造詣の深い国内外の先生方をお招きし、アンビエント情報社会の実現に向けて世界の動きについてご講演を頂き、本拠点の活動について議論させていただきたいと思います。
 年度末の御忙しい時期とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご参加いただけますようご案内申し上げます。
敬具
 
大阪大学 理事・副学長
拠点リーダー
西尾 章治郎

シンポジウム概要
日時:2008年3月5日(水)13:00-17:00
場所:千里阪急ホテル 仙寿の間
参加:事前登録制(参加費無料)
 
13:00-13:05 挨拶 大阪大学大学院情報科学研究科長 今瀬 真
13:05-13:45 基調講演
 
アンビエント情報社会におけるイノベーションへの期待(仮題)
(株)日立製作所取締役会長
元総合科学技術会議議員 庄山悦彦 氏
13:45-14:35 招待講演


Ambient Intelligence: key driver for ICT research in Europe
Dr. Evert J. van Loenen
Principal Scientist, Media Interaction Group
Philips Research

14:35-15:00 グローバルCOEプログラムの全体説明 大阪大学理事・副学長
プロジェクトリーダー 西尾章治郎 

各グループ説明 

15:00-15:15 生物ダイナミクス領域I 四方哲也
15:15-15:30 生物ダイナミクス領域II 前田太郎
15:30-15:45 アンビエントネットワーク領域 村田正幸
15:45-16:05 休憩(コーヒーブレーク)  
16:05-16:20 アンビエントインタフェース領域 岸野文郎
16:20-16:35 アンビエント情報基盤技術領域 尾上孝雄
16:35-16:50 人材育成のねらいと推進について 谷田 純
16:50- 総合討論  
  閉会挨拶  

大阪大学参画部局:
情報科学研究科・工学研究科・基礎工学研究科・人間科学研究科・
言語文化研究科・産業科学研究所・サイバーメディアセンター


事前参加登録

事前登録制となっていますので、お申し込みの程を宜しくお願いいたします。
 
 applyb.png
 

お問い合わせ先

グローバルCOEプログラム「アンビエント情報社会基盤創成拠点」
事務局担当:篠崎
 
〒565-0871大阪府吹田市山田丘1-5
大阪大学大学院情報科学研究科
Tel: 06-6879-4560: Fax: 06-6879-4514
e-mail: gcoe-office@ist.osaka-u.ac.jp