Personal tools
You are here: Home 活動状況 人材育成 リサーチアシスタント(RA)雇用制度

リサーチアシスタント(RA)雇用制度

博士後期課程学生による研究推進の支援と経済的支援による学生生活の充実化を目的として,リサーチアシスタントを雇用した.

本プログラムの推進研究テーマを加速する「領域研究支援」,プログラムの対象となっている専攻での研究活性化,輩出人材の強化を広く行うための「人材育成」の2分野を設定し,事業推進担当者,指導教員に推薦を依頼し雇用対象者を募った.

雇用形態としては,100% RA(週29時間以内) 50% RA (週15時間以内) を基本時間数とし,フレキシブルな運用を行っている.事業推進担当者/指導教員が研究進捗を監督する一方で有能な人材を継続的に雇用するための配慮がなされている.

平成20年度は総研究費の約20%を充当し,領域研究支援18名,人材育成6名の計24名を雇用した.

各リサーチアシスタントには,雇用期間終了時に自身の研究成果報告書に加え,達成度などを自己点検する活動報告書を提出させ,人材育成の観点からプログラムの実施効果を確認できる仕組みとなっている.今後はGPI養成の視点から他の人材育成プログラムとの相乗効果を模索していく予定である.

Document Actions